CORDUROY 東京都

初めてのおつかいは、このパン屋さんへ

「パン屋さん」という存在は、往々にして訪れた人をあたたかくやさしい気持ちにさせてくれるものだが、「コ―デュロイ」のそれはレベルが違う。扉をあけ、パンを選び、店を後にするだけで、気持ちの良い原っぱでひなたぼっこをしたような、そんな柔らかい気持ちにさせてくれるのだ。

ひだまりのような「コ―デュロイ」が誕生したのは、2011年10月。瑞江駅から歩いて10分ほどの住宅街にある、赤いひさしが目印のパン屋さんだ。オーナーシェフである山本一歩さんは「のんびりとパンをつくりたかった」と、目の前が公園の気持ちの良い角地にお店を開いた。縁もゆかりもない土地だったが、開業前に1時間だけ公園で街を観察していたとき、話しかけてくれた街の人がとても感じがよく「いい街だなぁ」と、この場所での開業を決めたそうだ。もともとはパンに興味がなかったという山本さんだが、高校時代の恩師のすすめでパン屋さんに就職。幼いころからものづくりが好きだったこともあり、長く続けられる仕事としてパン職人の道を歩み始める。何軒かのパン屋さんで職人として腕を磨く中で、“おいしいもの”を突き詰めたいという想いが生まれ、誕生したのが「コ―デュロイ」だ。

真っ白なタイル、清潔なオープンキッチン。厨房内でお客さんが買い物をしているイメージにしたかったという山本さんの言葉通り、「コ―デュロイ」の厨房と売り場の間には壁がない。“丸見え”であることによって、お客さんとの会話も自然と増え、お客さんもつくっているところを間近に見られることで安心して選べる。

「コ―デュロイ」には、たくさんのやさしさと心配りが散りばめられている。まず、パンそのものがやさしい。「地味でも良いから、飾らない毎日食べたいパンを」というつくり手の想いが込められたパンが日々55種類ほど並ぶ。お店に入るとまず目を引く特注の木製パン棚は、パンへのやさしさの賜物だ。パン棚はスライド式のガラスの扉で、パンが乾燥しないようになっており、ストックのパンは引き出しに収納されている。なるべく美味しい状態で食べてもらえるように工夫されたパン棚には、手描きのパンのプライスカードがパンと共に並ぶ。名前そのものがパンの説明になっていてとてもわかりやすい。つくり手目線の情報を詰め込むのではなく、お客さんの目線でつくられたやさしい心配りのひとつだ。店内には荷物おきのかごがあり、ゆっくりとパンを選ぶことができるのも嬉しい。

「コ―デュロイ」は、子連れのお客さんが多く、子供の足場となる小さな椅子がさりげなく置かれているなど、小さなお客さんへの配慮も欠かさない。皆、お気に入りのパンがあるようで、楽しそうにパンを選ぶ姿が印象的。「初めてのおつかいに選んでくださることも多く、本当に嬉しい」と、山本さん。初々しいどきどきを思い出させるような、記憶に残る思い出の一軒で在ることは、この街の未来に繋がっていくのだと思う。

焼き立てパンを買って、向かいの公園でパンピクニック!帰り際には、お店に「ごちそうさまでした」と、ありがとうの恩返しを忘れずに。きっとあなたも、おだやかで幸福な気持ちで満たされるはず。

******コ―デュロイが青山パン祭りにやってくる!!******

2017年5月20日、21日の2日間、第11回青山パン祭りが開催されます。今回、6人のシェフに特別なサンドイッチセットをつくっていただきました。

コ―デュロイの山本一歩シェフがつくるのは「自家製塩豚(ローズマリー)とアボカドと色々ハーブのサルサ風、じゃがいもパンのサンド」。 じゃがいもを練り込んだフランスパンに、パクチーバター、ハーブ塩の自家製塩豚、アボカド、パクチー、キュウリ、青唐辛子、青エンドウ、イタリアンパセリ、ミント、プチトマトを挟み、レモン風味のソースで爽やかに味付けたこだわりのサンドイッチです。「口溶けの良さを重視しつくったので、、ボリュームはありますが美味しくお召し上がりいただけると思います。遠くの方でちょっと辛みが利いていて、全体としてはやさしい味わいにしました。」と、山本シェフ。こだわりのコーヒーとあわせてお楽しみ頂けます。

サンドイッチセットの詳細・ご購入はこちら→https://breadlab.stores.jp/

 

スペシャルピクニックサンドイッチセット 予約限定~6人のシェフの贅沢なピクニックサンドを頬張ろう!~

Bread Labが大好きなシェフたちとともに、特別なサンドイッチをプロデュース。今回は「Blanc」「コーデュロイ」「nichinichi」「発酵所」「KANEL BREAD」「soil by HOUTOUBAKERY」の人気パン屋さん6店舗と、クラフトビールの「COCONO HOP」、ナチュールワインと料理の「ワインショップFUJIMARU」、こだわりのコーヒー店「Ambient Brew」とコラボし、青山パン祭り限定の贅沢なサンドイッチとドリンクのセットを作っていただきました。
テーマはずばり「シェフの一押しサンドイッチ」。美味しいパンを焼くシェフたちが、今1番食べたいサンドイッチと相性抜群のドリンクをあわせて楽しむことで、パンピクニックの主役が完成します。みんなでここにしかないサンドイッチセットを味わいませんか。当日はサンドイッチセットをお楽しみいただくためのラウンジをオープン。シェフたち、そしてパン好きさん同士の交流もお楽しみ頂ければと思います。

【5月20日(土) チームスマイリーズDAY】
A) Blanc × ワインショップFUJIMARU
B) コーデュロイ × Ambient Brew
C) Nichinichi × COCONO HOP
D) ワインショップFUJIMARUスペシャルセット

【5月21日(日) チーム同世代DAY】
A) KANEL BREAD × ワインショップFUJIMARU
B) Soil by houtoubakery × Ambient Brew
C) 発酵所 × COCONO HOP
D) ワインショップFUJIMARIUスペシャルセット

価 格:1600円(税込)

個数:A~C/各100食 D/50食(それぞれ各日。土日でD以外は内容が異なります)

仕様:A~C/サンドイッチ1個、飲み物(ワイン、ビール、コーヒーのいずれか)一杯。※大きさ、量は、各パン屋さん、お店により異なります。D/料理一品、ワイン一杯、3店舗のパン盛り合わせ(土日各参加店舗のパンが1スライスずつ)

販 売:WEBにて予約販売限定。引き渡しは土日いずれかのパン祭り会場になります(発送は行いません)会場でお召しいただくための予約です。お持ち帰りいただけませんのでご注意ください。


会場:東京都渋谷区神宮前 5-53-70 国連大学中庭(Farmer’s Market @ UNUと同時開催)
日時:2017年5月20日(土)、5月21日(日) 10:00 – 16:00
主催:MEDIA SURF COMMUNICATIONS INC. / Bread Lab / NPO Farmer’s Market Association
雨天決行

Photo by: Tomohiro Mazawa

CORDUROY(コ―デュロイ)

住所:東京都江戸川区南篠崎町2-3-4
電話:03-6638-8303
営業時間:木~月 6:00~19:00
URL:http://blog.goo.ne.jp/corduroy-bakery