パラダイスアレイ ワークショップ開催決定!

17/10/01

第12回青山パン祭りでは「発酵大学」と題し、人気パン屋さんを講師にお迎えしたワークショップを開催します。普段はなかなかお話できる機会がない店主さんたちとコミュニケーションを取りながら、発酵の世界の不思議を体感できる貴重な時間です。ぜひご参加くださいね。

今日は、14日(土)開催の「 パラダイスアレイ・勝見淳平さんとパンづくり~菌の世界を覗こう~  」のワークショップについて、その内容と楽しみ方をご紹介します。

 
鎌倉にお店と逗子に工房を構えるパン屋「パラダイスアレイ」の主・勝見淳平さんは、宇宙のしくみから”人類皆菌類”論を考察し、培養や発酵の研究をしながら日々パンを焼いています。勝見さんとお話をすると、その独特の世界観にぐっと引き寄せられます。そして、勝見さん自身が「発酵している」ようにいつも何かを追い求めている、そんな印象を受けます。

 

先日、私たちは鎌倉を訪れました。目的はというと、今回の発酵大学ワークショップのプレ授業。パンづくりをしに逗子の工房へ行く予定が、なぜだったか勝見さんご実家のお庭で鶏と遊んでいるうちに「酵母をおこそう」ということになり、ハーブや果実を摘んでいました。そうしてできたのが、この神々しい酵母瓶です。

そんなことをしながら、近頃ずっと夢中になっている「シベリアの永久凍土で350万年前も生きていた細菌・バチルスF」のお話も。普段耳にすることのないお話に、質問が飛び交いました。

 

さて、本来の目的であるパンづくりはというと、やっぱりどうやっても楽しいものです。食べずに飾るパン、大きく膨らませて皆んなで食べるパン、皆んな思い思いのオンリーワンをめざします。生地を触る難しさはありますが、勝見さんにアドバイスをもらいながらつくるので心配無用。皆さんにもぜひ楽しんでほしいです。

 

ぷっくりふんわりと発酵した生地にお絵かき(ステンシル)します。

ワークショップでは窯の関係で、もう少し小ぶりなサイズ感のものをつくります。

パンづくりのほかに、勝見さんの育てる酵母をお見せ頂き、味見もさせてもらったりしながらお話を伺います。

顕微鏡を通して、生きている姿も観察できたらと思います。

勝見さんの考える、未知なる菌の世界をいっしょに覗いてみましょう。さあ、あなたはどう感じ、どう考えるのでしょうか。

photo by 内木洋一

 

■■■ワークショップ詳細■■■

日時:2017年10月14日(土) 10:30〜12:30(約120分)
場所:青山パン祭り会場 (室内のスペースで着席にてご参加頂きます)


※ドリンク付き(滝ケ原ファーム産のハーブティーをその日のブレンドでご用意致します)
※パン作りをしますので、タオル、エプロンご持参ください。
※酵母はつくりません。
※チケットの郵送はございません。当日会場にて、ご購入画面の電子チケットをご提示いただき受付させていただきます。

※当日参加をお受けする予定はございません。参加希望の方は、事前にチケットをご購入のうえ、当日会場におこしくださいませ。https://breadlab.stores.jp/items/59be08e4b1b61957520001bc

 

ERICA